アンチエイジング

【食べ物でアンチエイジング】抗酸化の味方、ファイトケミカルでサビないカラダへ!

投稿日:

アンチエイジングというと、「サビないカラダ」というフレーズをよく耳にしますよね。

  • 生活習慣の乱れ
  • 紫外線
  • ストレス
  • 睡眠不足

当てはまるあなたは要注意です!
カラダがサビ始めているかもしれませんよ!

カラダって錆びるの?と思うかもしれませんが、鉄が錆びるのと同じように、
カラダも錆びるんです。

要はカラダが「酸化する」ということですが、
切ったリンゴをそのままにしておくと酸化して茶色くなりますよね?

あれと同じような現象が人のカラダにも起こるわけです。

想像するとなんだか嫌ですよね…

じゃあどうすればサビないカラダでいられるの⁈
気になりますね。

そこで、サビないカラダでいるために、抗酸化力が強いとされる「ファイトケミカル」に注目!

今回は老化の原因と、ファイトケミカルとはどのようなものか?
そして、ファイトケミカルを含む食べ物ご紹介します。

 

老化=酸化には「活性酸素」が鍵となる

ヒトのカラダも酸化します。

これには老化の原因になる「活性酸素」が鍵となります。

活性酸素は呼吸により体内で発生しますが、過剰に発生すると、体内の細胞を酸化させてしまうのです。

活性酸素は老化を進行させるだけでなく、動脈硬化やアルツハイマー、糖尿病などの生活習慣病にもかかりやすくなると言われています。

ですから、この活性酸素を減らすために、酸化を防ぐこと、すなわち「抗酸化」が大切になります。

 

抗酸化の味方、「ファイトケミカル」でサビないカラダへ

サビないカラダのために注目したいのが、

「ファイトケミカル」(フィトケミカルとも呼ばれる)です。

これは野菜や果物などが持っている植物由来の化学成分のことなのですが、

高い抗酸化作用が含まれているものもあり、6大栄養素に次ぐ「7番目の栄養素」として注目されています。

さらにファイトケミカルは免疫力UPにも効果的です。

辛みや香り、苦みなどに含まれる機能性成分でもあります。

抗酸化=若返り作用とも言われていますので、この成分を摂取することで、
「サビないカラダ」を作れる、すなわちアンチエイジングにつながるというわけです。

ファイトケミカルは1つの野菜や果物の中にもたくさんの種類が存在していることもあります。

代表的なものに、ポリフェノール・カロテノイド・硫黄化合物などがあります。

どれも高い抗酸化作用が期待される成分です。

特別なものではなく、普段から普通にスーパーに並んでいる野菜たちからサビない成分が摂取できるなら儲けもんっという感じがしますよね。

抗酸化作用とは言い換えれば「生命を維持させる力」、植物が紫外線や雨風など過酷な環境から身を守り生きていきます。

そのために、植物である野菜や果物には抗酸化作用を多く含むものがあるんです。

次はこれらを含む食べ物をご紹介していきますね。

 

抗酸化の味方!ファイトケミカルを含む食べ物

人間のカラダは自らファイトケミカルを作り出すことができません。

したがって、野菜や果物など、ファイトケミカルを含むものを体内に摂取するしかないんです。

普段から慣れ親しんでいる野菜や果物にもこのファイトケミカルを含む食べ物がたくさんありますよ!

どんな食べ物にどんな成分が含まれているか⁇

引用:日本社団法人全国発酵乳乳酸菌飲料協会

http://www.nyusankin.or.jp/health/health1-12.html

 

「皮付き&加熱」で効果的にファイトケミカルを摂取!

ファイトケミカルの成分を十分に引き出して摂取するために、

おすすめは「皮付き&加熱」

皮や種のまわりこそファイトケミカルが多く含まれています。

また、ファイトケミカルは熱に強く、加熱することで成分が溶け出すので、
生のままよりも、加熱して食べた方がより効果的に摂取できるというわけです。

火を通した方が皮も食べやすくなりますしね。

どの野菜に何が含まれているかいちいち覚えてらんないわ!と思ったら、
とにかく色とりどりの野菜をできるだけ皮付きで煮込んでスープにしてしまいましょう!

カラフル野菜はそれぞれ何かしらのファイトケミカルを含んでいる場合が多いですし、煮込むことで、しっかり成分がスープに溶け出して摂取することができます。

もちろんファイトケミカル以外の必須栄養素もしっかり摂れる食べ方です。

例えばトマトの赤、にんじんのオレンジ、ピーマンの緑、そして鮮やかではないけれど皮付きのじゃがいもなどを全部煮込んでスープにすると…

これだけでも、リコピン、β−カロテン、フラボン、クロロゲン酸などのファイトケミカルが摂取できますよ!

 

ファイトケミカルをサプリで摂るという方法も!

色々な野菜や果物をいつも買って調理できたら良いけど、毎日はなかなか難しい…
という時は、「サプリメント」に頼るのもありです。

ビタミンやミネラルを補給するサプリではなく、「ファイトケミカル」を含むサプリも最近は多く販売されています。

例えば…

江崎グリコ「gg SABINA」

大手食品会社からでているサプリなら、安心して取り入れることができそう!

赤パプリカに秘められた防御成分を江崎グリコ独自の技術で凝縮しました。なんと美容成分として知られるアスタキサンチンのパワーを凌ぎ、さらにβ-カロテンの25倍以上のパワーを持つ多様なキサントフィル類も含有。劣化リスクと戦う防御成分として、年齢サインのケアが期待できます。

引用:江崎グリコ公式サイト

https://www.glico-direct.jp/lp/gg_n/sabina/rp/001/gol/?wmpref=907235&argument=JtmaXrx7&dmai=a5d19d6d1c37d0&gclid=Cj0KCQjwwIPrBRCJARIsAFlVT8-0I0jxRAZAkmPDPDHlSXuaWUtv1v-ZElJmoLXtlMCapT8Wo0eDCW0aAopTEALw_wcB

 

東洋サプリ「健美 熟成にんにく」

こちらもファイトケミカルに特化したサプリ。

にんにくは臭いが気になるので、食べるよりサプリで摂取が女性にはおすすめです!

いつでも、どこでも手軽に続けて摂取できるように、食べきりサイズの小分け包装です。

りんご味をベースに天然のハチミツと黒糖で味を整えた食べやすいペーストタイプで、粒タイプのサプリメントが飲みにくかった方にもおすすめ。ヨーグルトや、サラダのドレッシングに追加するなど、日頃のお料理にプラスすることで、手軽にファイトケミカル摂っていただけます。ニンニクと相性のいいビタミンB群を配合した栄養機能食品(’ビタミンB1)です。

引用:東洋サプリオンラインショップ

https://shop.toyosuppli.com/item/phytochemical/

 

サプリメントの注意!

サプリメントはピンポイントで摂取できるメリットはありますが、植物由来とはいえ化学成分には違いないので、特定のサプリを過剰に摂取するのは避けて、あくまでも野菜や果物を食べられない時の補助として使うことをおすすめします。

 

最後に

いつまでも若々しくありたい

誰もが願うことではないでしょうか。

何もせずにただ指をくわえて老化していくのを眺めていてはいけません!

毎日の食生活からも老化を防ぎ、サビないカラダをめざすことは可能!

苦しく辛い思いをしてまで手に入れるものではないと思いますが、少しだけ知識を増やして食生活を振り返るだけで、美味しく老化に抗うことはできます。

ファイトケミカルを上手に摂り入れて、美しく健康に歳を重ねていきましょう!

-アンチエイジング

Copyright© 女性のキレイを応援する美容情報サイト cocolove , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.