スキンケア

【おすすめスキンケア】敏感肌に悩む30代の女性におすすめの方法

更新日:

働き盛りの30代。
プライベートも仕事もだんだん充実してきて、楽しみも増える時期ですよね。

でも、ちょっと待った。
アナタのお肌は元気ですか?

忙しくも楽しい日々を過ごし、
ある時パッと鏡を見て、
「ん…?あれ、なんかいつもよりちょっとお肌が…」
「なんか最近お肌が沁みるのよね…」

なんて、思わず鏡に写る自分に話しかけていませんか?

そう、乾燥したり、敏感肌になりやすいのも30代がターニングポイント。

お肌は年齢を重ねていく中で、日々弱ってきているのです。

敏感肌な私も、20代ぐらいまではメイクそのまま爆睡、
なんてことがあっても翌朝そんなに肌ダメージは気にしていませんでした。

けれど、30代にもなると、放置されたお肌は朝起きた時、残念なお肌に。

本当、会社休もうかと思いました。
まぁ思っただけでちゃんと出勤はしたんですけどね!

でも、それぐらい30代はお肌のスキンケアが大事なんです。

そこで、今回は敏感肌に悩むアナタにおススメのスキンケア
ご紹介したいと思います。

 

30代はセラミドが不足し敏感肌になりやすい

では、敏感肌にはどうしてなってしまうのでしょうか。

それは、私たちの皮膚に含まれている、うるおいを守ってくれる成分、つまり保湿成分である「セラミド」が加齢とともに減少してきてしまっているからなんです。

これが、20代の頃と比べて30代の肌は水分量や油分量が不足しがちといわれる理由です。

セラミドは本来、紫外線や乾燥・ほこりなどの外部刺激から
肌を守るバリア機能の役割を担ってくれている重要な成分
です。

それが減少してしまうと、今まで跳ね除けていた刺激を受けやすくなってしまうので、乾燥やしわ・肌荒れの状態を招いてしまうことも。

この「敏感肌」というのは、実は皮膚科学的に明確な定義はないとされていますが、

主に顔に化粧品を塗った後や、石けんで洗顔した後に、
チクチクしたりヒリヒリ焼けるように感じる、
お肌がつっぱる感じがするけれど、目にみえる症状が特に見られない状態、
などを敏感肌と呼ぶことが多いそうです。

体調の変化やストレス、冷暖房などの環境、花粉などの季節的要因に敏感に反応して、トラブルが生じやすいので注意が必要なんですね。

肌トラブルを繰り返さない為にも、
年齢とお肌に合った適切なケアをしていきましょう。

引用:https://noevirgroup.jp/nov/pages/sensitivskin_01.aspx

敏感肌の人は低刺激、高保湿、美容成分が大事

では、30代敏感肌さんのスキンケアには何が大事なのでしょうか。

それは、
低刺激で落とせるクレンジング、
高保湿成分入りの化粧水・乳液、
そしてプラスワンの美容液投入
です。

つまり、スキンケアの基本となる「落とす、保湿する」を守りつつも、
「優しく」クレンジングで落とし、「しっかり」化粧水・乳液で保湿し、
「ちゃんと」美容液で栄養を与える
ということですね。

普段は忙しくて、帰宅してもゆっくりとスキンケアに
時間を取れない日も多いと思います。

特別なご褒美は休日のエステにとっておいて、
基礎化粧品プラス美容液での簡単ケアも取り入れてみてはいかがでしょうか。

それでは、敏感肌さんにおススメスキンケア方法を
一つずつ紹介していきますね。

 

敏感肌のクレンジングは肌に優しいものを

では、まずはクレンジングについてです。

ズバリ敏感肌におススメのクレンジングタイプは
・クリームタイプ
・ミルクタイプ

です。
理由は、肌に負担が少ないクレンジングタイプだからです。

30代になると肌へのやさしさや保湿を考えた方が、
メイクオフ時の負担が減ります。

例えば、オイルクレンジングは汚れ落ちがいいですが、
刺激が強めなので、敏感肌となると、
より乾燥や肌荒れを招く可能性も大きくなります。

 

 

しっかり肌への影響も考慮して、クレンジングを選ぶことが大切です。

【クリームタイプ】

【特徴】
洗浄力はオイルタイプに比べると劣りますが、
肌の潤いを保ちつつメイクや毛穴汚れを浮かせて落とせるクレンジングです。

クッションのような役割を果たし、肌への摩擦を抑えることができるので、
肌に必要な潤いや油分を落としすぎず、肌が乾燥しやすいときなどでも使いやすいのが嬉しいポイント。

クレンジングクリームのタイプによっては、ふき取りタイプもあります。

【落とし方のポイント】
クリームを手にとったら、少し手の中で温めた後に、顔全体に伸ばしていきます。
クリームが少し柔らかく感じるようになったら、メイクと良く馴染んで乳化したサインなので、ぬるま湯で洗い流し、洗顔を行います。

【ミルクタイプ】

【特徴】
水分が多く含まれて、乳液のようなテクスチャーのクレンジングです。
肌への優しさはクリームタイプの次程度。

ただしかなりの薄いメイクでないと満足に落とすことが難しい点もあるので、
濃いアイメイク、リップメイクはポイントメイクリムーバーで
先に落としておくと良いです

【落とし方のポイント】
乾いた手にミルクを取り、手の平で少し温めてから
顔全体にまんべんなく塗っていきます。

顔の内側から外側に向かって、クルクル円を描くようになじませて
Tゾーンなど皮脂が多いところは多いところは
薬指を使ってしっかり落としていきます。

しっかり汚れが浮き上がったら、ぬるま湯で洗い流し、
いつも通りの洗顔でokです。

引用:https://lulucos.jp/by-s/article/535313041791251859

 

化粧水は高保湿で出来れば無添加系を

続いて化粧水の保湿についてです。

敏感肌さんには、やはり高保湿化粧水がおススメ。
分かりやすいものだと、パッケージに高保湿と書かれているものですね。

実は、一口に化粧水と言っても種類は様々で、
成分やテクスチャー、使用感によっても異なりますが、大きく
『保湿』『美白』『拭き取り』『収れん』『エイジングケア』
に分けることができます。

30代は、より乾燥しやすくなりますし、
その乾燥がシミやそばかす、シワなどの原因にもなる上、
敏感肌だと場合によっては保湿の為につける化粧水も沁みてきてしまいます。

この肌の状態を解消するため、
やはり重要になってくるのが肌に合わせた保湿成分です。

有名な保湿成分となると、上記にも挙げたようなセラミドもありますが、
他にもコラーゲンやヒアルロンサンなどが該当します。

成分に関してはパッケージに含有成分が書かれていますので見てみましょう。

保湿を行ってくれる成分はたくさんあるので、
成分をよく見て自分にあった化粧水で保湿していくのが美肌への一歩です。

また、コットンで化粧水をつける人もいると思いますが、
敏感肌にはコットンの刺激も肌荒れに繋がる可能性もあります。

なので、敏感肌の人は手のひらを使って優しく広げる方が良いかもしれませんね。

【化粧水はこう使うと効果的】

まずは広い部分に馴染ませる。
化粧水を手に取ったら、まずは両頬と額の3点において、両手のひらでのばします。
顔の内側から外側に向かってのばすイメージで、口の横→耳、目の下→こめかみ、額→こめかみ、となじませていくと肌に浸透しやすくなります。

次に、細かい部分にもくまなくつける。
眉頭下のくぼみ、目頭、小鼻周り、法令線、口元・・・化粧水を付けもれしがちな部分を、丁寧になじませていきます。目尻やまぶたのくぼみも忘れずに塗りましょう。

最後に、液を押し込んで浸透させる。
キメの奥まで入れ込むイメージで、手のひらで押さえるように化粧水を押し込みます。
手が乾いてしまったときは、追加で化粧水を足しながら行ってください。

【注意ポイント】
ちなみに化粧水は「保湿成分を肌に与える」役割なので、ただ単に塗ってなじませるだけでは効果は薄く、そのあと乳液などで水分にフタをしてあげることが重要になります。

忙しい時はついサボりがちになってしまいそうですが、
忘れないようにセットケアしてあげてくださいね。

引用:https://my-best.com/2737

引用:https://brand-foo.com/magazine/cosmetics/skin-lotion-milk-lotion/

30代のお肌には美容液のワンステップで救済

最後は、美容液についてです。

30代の敏感肌には、ワンステップ、美容液をプラスするケアがおススメです。

理由は、美容液がそれぞれの肌トラブルに特化した
有効成分を補うアイテム
だからです。

今までは特別なケアをしなくても大丈夫だったお肌が、
30代になってバリア機能が低下すると、
いつものスキンケアだけでは肌荒れなどが防げなくなってきます。

そんな時、毎日パックをする、
というのはなかなか手間がかかり面倒かもしれませんが、

美容液はつけるだけのケアなので、
疲れて帰ってきても続けやすい
と思います。

使用する際は、化粧水でしっかり肌を潤してから、
成分をたっぷり含む美容液を浸透させるのがポイント
です。

アンチエイジングケア効果もあります!

因みに、特に大事なのは、悩みに特化したタイプを選ぶこと。

幅広い肌質に合うタイプよりも、シミなら美白、
ハリ不足なら弾力をもたらす成分を多く含むものを使ってみる。

という具合に、敏感肌には、
無添加やアルコールフリーなど、できるだけ低刺激なものを選ぶと良いです。

中でも、人のセラミドと同じ構造で作られている
「ヒト型セラミド」が含まれているものがおススメです。

セラミドには
「ヒト型セラミド」
「天然(動物性)セラミド」
「植物由来のセラミド」
「疑似セラミド」
の4種類がありますが、そのほかのセラミドと比べてより肌へなじみやすく、肌本来の水分保持力を高めてくれます。

【美容液は化粧水の後に】

美容液を使用するタイミングですが、美容液の基本のつけかたは、
化粧水
美容液→乳液」の順です。

塗り方はいたってシンプルで、化粧水と同じように、
適量を手に取り、肌全体になじませます。

特に気になる箇所がある場合は、お肌全体に塗った後に、
もう一度、気になる部分に重ねて塗るのがポイントです。

よくある間違いとして、乳液の後の最後に美容液をつけてしまうということがあります。

乳液には肌に浸透させた水分や美容成分を逃さず蓋をする役目として、油分が含まれているため、その上から美容液を使用してもはじいてしまうことがあるため、「化粧水の後に美容液をつける」という順序を間違えないようにしましょう。

 

引用:https://brand-foo.com/magazine/cosmetics/skinlotion-recommend/

引用:https://brand-foo.com/magazine/cosmetics/30s-skinlotion/#303-2

まとめ

30代をしっかり楽しむなら、やっぱりお肌の調子も大事ですよね。

もちろん食生活や睡眠をしっかりとることも、
敏感肌や乾燥肌を和らげる要因ではありますが、
やっぱり基本のスキンケアがあってこその美肌生活です。

「あれ、敏感肌になってきてるなぁ」

と感じだしたら、

・30代の敏感肌はまず乾燥対策が大事
・クレンジングはミルクタイプかクリームタイプを
・化粧水は「セラミド」成分をチェック
・美容液を普段使いしてみる

これらを意識してみてください。

肌の悩みは一日でも早く改善を!
さぁ、「昔はもっとキラキラしていた」お肌から、
「今もキラキラしている」お肌で、自信をつけましょう!

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
tokina_k

tokina_k

働きマンな性格のお仕事とゲームが大好きなアラサー女子。 2019年BOYを出産して1児の母。現在育休中。 関東住みですが、出身が関西なのでたまに小ボケた文章も書いたりなんだり。 学生時代は精神保健や心理関係専攻。 輝ける女性&母親目指して日々子育てに奮闘中♪

-スキンケア
-,

Copyright© 女性のキレイを応援する美容情報サイト cocolove , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.