スキンケア

【クマを解消】簡単で効果的な3つの厳選マッサージ方法

投稿日:

すっきり目覚めた朝なのに、
鏡を見てみるとなんだか顔色が暗いし、
お疲れ顔になっているというアナタ。

目の下を見てみて下さい。

今まで気にならなかったクマができているなんてことはありませんか?

実は、20歳~37歳の女性のうち、
約60%の方がクマに悩みを持っているんですよ。

引用:PR TIMES

特に働く女性は、育児や家事と仕事の両立などによって、
身体のメンテナンスをするのにあまり時間を作ることができずに、
知らない間に老け顔が進んでいたなんてことも。

でも、やっぱりいつまでも綺麗な女性でいたいですよね。

今回は、今すぐ実践できる、
目の下のクマの解消マッサージ方法を紹介していきます!!

 

クマの種類と原因とは?

クマには種類があるのはご存知でしょうか?

主に

  • 茶クマ
  • 青クマ
  • 黒クマ

の3種類に分けられますが、
これらのクマができる原因もそれぞれ違うんですよ。

まずは自分のクマがどのタイプなのか、
チェックも兼ねて見ていきましょう。

茶クマ

茶クマは主に色素沈着が原因で出来てしまいます。

忙しさのあまり、日々のアイメイクを落とし切れていなかったり、
クレンジングや洗顔などでゴシゴシとこすってしまったりしていませんか?

そういった外からの刺激が加わることで色素沈着してしまうので、
なるべく目の周りは強くこすりすぎないようにしましょう

また、紫外線の影響も大きいため、
必ず日焼け止めは目の下も忘れずに塗るようにしてくださいね。

茶クマの解消には保湿やビタミンCの補給が大切なので、
ビタミンC誘導体の成分が入った美容液を使うのもオススメです。

【茶クマの見分け方ポイント】

目尻を優しく引っ張ると皮膚と一緒にクマが動くのが茶クマです。

青クマ

青クマは寝不足や体調不良などで血行不良を起こすことが原因と言われています。

忙しく働く女性はストレスや寝不足、食生活の乱れなどによって、
いつの間にかお疲れ顔になっているなんて時は、
この青クマが出来ているということが多いかもしれませんね。

まずは体を温めて血行を良くするようにしてみましょう。

半身浴をしたりホットタオルを目の上に乗せて
リラックスタイムを作ったりするのもオススメですよ。

【青クマの見分け方ポイント】

目尻を優しく引っ張っても動かなかったり、
多少薄くなったりするのが青クマです。

黒クマ

黒クマは目の下のたるみやシワ、むくみなどが原因と言われています。

特に加齢が大きな原因の一つにもなっているため、
コラーゲンやエラスチンなどでお肌のハリをアップさせることが大切。

また、目の周りの筋肉を鍛えることで、
たるみの解消をすることができるので、
目をギュッと閉じてからしっかりと開くなどのトレーニングも効果的ですよ。

むくみやすい方は、日頃から体を冷やしすぎないように心がけてみましょう。

【黒クマの見分け方ポイント】

目尻を優しく引っ張ったり、上を向いたりすると消えるのが黒クマです。

 

クマを解消するマッサージ

自分のクマがどのタイプか分かりましたか?

ちなみに茶クマの方は、マッサージの刺激が悪影響になることもあるので、
こちらのマッサージは青クマと黒クマにお悩みの方にオススメする方法です。

茶クマの方は上でも少しご紹介しましたが、
まずは保湿とビタミンCの摂取で色素沈着を薄くできるように
肌の「ターンオーバー」を促せるようにしていきましょう。

では、クマを解消するマッサージのご紹介です。

目元の血流アップマッサージ

こちらの血流アップマッサージではクマの解消はもちろん、
目の周りをパッチリとさせる効果も期待できますよ!!

ホットタオルも使用するため、
リラックス効果や目の疲れを癒す効果もポイントですね。

①ホットタオルを目の上に乗せて目の周りを温めます。
②しばらく温めたらタオルを外してマッサージをしていきましょう。
③両手の薬指でまずは左右の眉毛下を軽く押し込んでいくようにマッサージします。
④次は目の下も同様に行っていきましょう。
⑤最後はこめかみをギュッと何度か押し込みます。
⑥③~⑤を3回ずつ繰り返しましょう。

スプーンマッサージ

スプーンマッサージは特に青クマに効果的で、
朝のメイク前などにもササっとマッサージできるのがポイントですよ。

こちらではカレースプーンのような
少し大きめのスプーンを使用していきます。

①ぬるま湯と氷水をコップに入れたものを用意し、それぞれにスプーンを入れます。
②まずはぬるま湯につけたスプーンを使い、目の下を軽くタッチしていきます。
③スプーンを氷水につけたものに変え、目の下を軽くタッチしていきます。
④②と③を交互に5回繰り返しましょう。

ふくらはぎツボ押しマッサージ

ふくらはぎは第二の心臓と言われているのはご存じでしょうか?

目元のケアも大切ですが、ふくらはぎのツボを刺激して、
血流を改善してクマが出来にくい体質づくりをすることも大切なんですよ。

①マッサージしやすくするために、オイルやクリームなどを手のひらに広げます。
②まずは足の指の間から足の甲の方に向かって指で押し上げていきます。
③②を5回ほど繰り返しましょう。
④次は、内くるぶしからふくらはぎをギュッと押し込みながら、膝横まで順番に揉み上げます。
⑤④を5回ほど繰り返しましょう。
⑥最後は膝の後ろを5秒ほど押します。

 

まとめ

疲れた印象がついてしまう、目の下のクマ。

  • 茶クマ
  • 青クマ
  • 黒クマ

あたなはどのクマのタイプでしたか?

体は元気なのに、クマが出来ているだけで疲れている印象になってしまうので、
なるべく早めにクマを解消させることができたら嬉しいですよね。

マッサージでクマを解消するには

  • 目元の血流アップマッサージ
  • スプーンマッサージ
  • ふくらはぎツボ押しマッサージ

をまずは実践することが大切。

しっかりケアをして疲れ顔知らずの働く女性を目指しましょう!!

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
anntyaman

あんちゃまん

こんにちは。働き盛りのアラサーアパレル店長です。趣味は筋トレですが、美容のことも大好きで、美容情報をかき集める毎日です!!(笑)

-スキンケア
-

Copyright© 女性のキレイを応援する美容情報サイト cocolove , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.