スキンケア

20代後半のあなたへ‼︎敏感肌の対処法とおすすめのスキンケア商品

投稿日:

20代後半になってから、敏感肌になってきたかも?!
なんていうことはありませんか?

こちらをご覧ください。

引用:アルージェ

20代後半の約85%が敏感肌の経験があるなんて、
驚きの数値ですよね。

妊娠や出産を経験したり、会社でバリバリと働いていたり、
20代後半の私たちの身の回りには、
「お肌のゆらぎ」の原因となるものが沢山あるんです。

私の身の回りでも、20代後半に差し掛かってから、
一気に肌の悩みが増えたという人がほとんどです。

悩みを解消するには、まずは悩みの原因を知ること、
そしてその対処法を知ることが大切になってきます。

今回は、日ごろ頑張っているけど「敏感肌に悩んでいる」
というあなたに、敏感肌の原因とスキンケアで気をつけたいことや
スキンケア商品の選び方のコツをご紹介していきます!!

 

敏感肌とは?

敏感肌とは、実は明確な定義がありません。

ですが、些細な原因で肌の炎症を起こしてしまったり、
洗顔などで肌のヒリヒリ感やツッパリ感などを感じたりと
肌がデリケートになっていることが一般的に敏感肌と言われています。

  • 著しく肌が乾燥する
  • 赤みやかぶれ、湿疹などが出る
  • 睡眠不足や生理周期による吹き出物がある
  • 季節の変わり目に肌荒れになる

など、この記事を見られている方は
当てはまる方が多いのではないでしょうか。

実はこれらは全て、敏感肌が原因となって起こっているんですよ。

 

敏感肌の原因

ではなぜ、敏感肌になってしまうのでしょうか?

敏感肌の原因は、

  • 間違ったスキンケア
  • 生活習慣の乱れ
  • ホルモンバランスの乱れ
  • ストレス

などが主に挙げられます。

最初にも少し書きましたが、20代後半の女性は
バリバリと仕事をこなしたり、結婚や妊娠などで、
ライフステージが変わっていくタイミング

そういった環境の変化などで、自律神経の乱れが起きてしまい、
敏感肌の原因になってしまうこともあるんです。

その他にも肌のトラブルがあっても、
いつもと同じスキンケアを続けてしまうあなた。

20代前半まではすぐに治っていた肌トラブルも、
20代後半になるとそうはいきません。

肌に違和感を感じたら、すぐに自分に合ったスキンケア方法を探して、
肌を整えていくことが大切なんですよ。

 

敏感肌の基本的なスキンケアで気をつけたいこと

「スキンケア」といっても、色んな方法があるので、
自分の肌のタイプにはどのスキンケアが良いのかが
分からなくなってしまいますよね。

まず、敏感肌の方はお肌がデリケートになっています。

ということは、肌への負担を減らすことが大切になってきますよね。

さらには、皮膚のバリア機能が落ちてきてしまっているのも原因なので、
皮膚のバリア機能をサポートできるようなスキンケアをしていくのも大切ですよ。

清潔にする

まずは肌を清潔に保てるように、
クレンジングや洗顔などを見直すことが大切。

クレンジングや洗顔不足で、
メイクや日中の活動中についた汚れなどが肌に残ってしまっていると、
それがさらに敏感肌を加速させてしまうんです。

あとは、クレンジングや洗顔は、
熱いお湯で洗い流したりしていませんか?

実は熱いお湯だと、肌をさらに乾燥させてしまうんですよ。

顔はぬるま湯で洗い流すようにしてくださいね。

クレンジングは基本中の基本ですので、
肌に優しく、肌を清潔に保てるクレンジングと洗顔方法を
しっかりとマスターしていきましょう!!

保湿をする

敏感肌の方は特に、肌の水分と油分のバランスを整える必要があるため、
しっかりと保湿をすることを心がけましょう。

敏感肌の方は、皮膚のバリア機能が低下しているため、
乾燥した状態となってしまっています。

さらに、皮膚の水分を保湿する機能も低下してしまっているため、
今までの保湿だと肌への保湿が追いつかないなんてことも。

化粧水の後は、しっかりと乳液や保湿クリームなどを塗布して、
水分が蒸発しにくい肌環境を作ることが大切
ですよ。

紫外線対策をする

敏感肌の方は肌がデリケートになっているため、
通常の肌の方以上に紫外線対策をしっかりしていきましょう。

紫外線はただでさえ、肌に大ダメージを与えてしまうもの。

敏感肌の方はその紫外線のダメージが
通常の肌の方よりも、大きくなってしまうんです。

特に4月から9月頃にかけてが紫外線量が一番多いため、
日中の日焼け止めのこまめな塗り直しは必須。

オススメの日焼け止めは、ノンケミカルタイプのもの。

ノンケミカルとは肌の上で紫外線を跳ね返してくれる成分が入っており、
敏感肌の方にも嬉しい、肌への負担が少ないのが特徴なんですよ!!

 

敏感肌用のスキンケア商品の選び方

スキンケア商品もありふれるほど世の中に出回っていますが、
どの商品が良いのか選び方が分からなくなってしまいます。

もちろん、「敏感肌用」と書かれたものは間違いないのですが、
自分でスキンケア商品を選ぶ基準が分かっていれば、
商品を選びやすくなること間違いないですよね!!

どういった基準で商品を選んでいくのが良いのか見ていきましょう。

クレンジング

クレンジングには色んな種類がありますが、
敏感肌のあなたにはミルクタイプのクレンジングがオススメ。

ミルクタイプのクレンジングはお肌への負担が低いので、
デリケートな肌タイプの方向きなんです。

ミルクタイプのクレンジングを手に取ったら、
まずは手のひらで温めてから使うことで、
肌なじみもよくなり、さらに優しくメイクオフすることができますよ。

ちなみに、洗い流すタイプとふき取るタイプがありますが、
敏感肌の方は肌への摩擦を極力減らすよう、
洗い流すタイプを使うようにしましょう。

洗顔

断然、敏感肌の方には弱酸性で、低刺激の洗顔がオススメです。

ですが、何が肌に刺激が強いのか?
ってよくわかりませんよね。

主に刺激となる成分は、

  • 合成界面活性剤
  • アルコール
  • 酸化防止剤
  • 殺菌剤

など。

そういった成分が入っているものは、なるべく避けて、
天然由来のものが入った洗顔を選ぶのも一つのポイント。

もちろん、洗顔をする時はしっかりと泡立てて、
弾力のあるもっちりとした泡で洗顔するようにしてくださいね!!

化粧水・乳液

敏感肌の方は乾燥しやすい肌状態になっているため、
保湿力の高い成分が入った化粧水や乳液などを使うようにしましょう。

保湿力の高い成分には、

  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • スクワラン

などがありますが、中でもセラミドは私たちの肌の中にある、
水分の蒸発を防いでくれる角質のうちの40%を占めており、
セラミドが最も保湿力を高めてくれる成分と言われているのです。

しっかりと肌の保湿力を高めて、
お肌のバリア機能を向上させていくことが大切ですよ。

 

まとめ

20代後半になると、おのずと増えてきてしまう肌トラブル。

特に仕事や育児などで頑張っている20代後半の方は、
ストレスやホルモンバランスの乱れなどで
敏感肌になりやすい傾向にあるんです。

そのため、

  • 清潔にする
  • 保湿をする
  • 紫外線対策をする

この3点が、敏感肌にならないための対策に必要なんです。

もし、お肌に少しでも違和感を感じたら、
なるべく低刺激のスキンケア商品を選ぶようにしてくださいね。

きちんとお肌にあったスキンケア商品を選ぶことが、
肌質改善の近道になること間違いなしですよ。

20代後半になっても、敏感肌知らずの、
健康的なお肌を目指しましょう!!

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
anntyaman

あんちゃまん

こんにちは。働き盛りのアラサーアパレル店長です。趣味は筋トレですが、美容のことも大好きで、美容情報をかき集める毎日です!!(笑)

-スキンケア
-,

Copyright© 女性のキレイを応援する美容情報サイト cocolove , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.