スキンケア

【肌が潤う食べ物】内側から変えて綺麗になる栄養素と食べ物をご紹介‼︎

投稿日:

気を付けて保湿をしているのに、なかなか乾燥肌が治らない
冬だけでなく、夏なのに乾燥に悩まされている

というアナタ。

実はそれは、食べ物が原因なのかもしれません。

紫外線や、冷暖房などの外からの攻撃が原因というだけでなく、
食べ物という、体に摂り入れるものが原因なのは意外じゃないですか?

私は元々、混合肌だったのですが、
最近になって乾燥肌になっていることに気づきました。

そこでまず実践してみようと思ったのが、
内側から肌が潤う土台を作って、肌のケアをしていくということ

今回のこちらの記事では、お肌がふっくら、ツヤツヤになる、
お肌が潤う栄養素と食べ物を紹介してきますね。

これで乾燥したガサガサお肌とはサヨウナラしちゃいましょう!!

 

肌が潤う栄養素とは?

肌が潤う栄養素と聞いて、何が思い浮かぶでしょうか?

女性の方なら、『コラーゲン』が一番に思い浮かぶかもしれませんね。

それ以外にも、肌を潤してくれる栄養素って、
実は沢山あるんですよ。

まずはどんな栄養素があるのか見ていきましょう。

たんぱく質

たんぱく質には、筋肉や内臓、髪の毛、爪など、
体を構成してくれる役割
があります。

つまり、体内のたんぱく質量が減ってしまうと、肌ツヤにも悪影響が。

たんぱく質は三大栄養素のうちの一つで、
私たちが生きていく上で欠かせない存在です。

最近では女性向けのプロテインが増えてきているので、
そいういうものを活用してみてもいいかもしれませんね!!

ビタミン

肌の乾燥を防ぐには「ターンオーバー」が大切と言われています。

それを手助けしてくれるのがビタミン。

ですが、ビタミンといっても、沢山の種類があって、
どのビタミンがどういった役割なのかイマイチ分かりませんよね。

特に肌の乾燥に良いと言われるビタミンをいくつかご紹介します。

ビタミンA

ビタミンAには皮膚や粘膜の潤い維持や、
天然保湿成分の生成を促す役割
があります。

このビタミンAが不足してしまうと、肌の乾燥はもちろんのこと、
肌の角質が固くなってしまうことで、
細菌やウィルスに対する抵抗力が弱ってしまうんですよ。

ビタミンB6

ビタミンB6には乾燥で起きた肌の炎症を抑えてくれたり、
細胞の原料であるアミノ酸の吸収を促してくれる効果
があります。

このビタミンB6が不足してしまうと、肌トラブルだけでなく、
口内炎や貧血などの原因にもなってしまうんですよ。

また、月経前症候群にも効果的と言われているので、
生理前の憂鬱な感覚に悩まされている女性の方にも、
積極的に摂ってほしい栄養素ですね!!

ビタミンC

ビタミンCには抗酸化作用や
肌の潤い成分のコラーゲンの生成を促す効果
があります。

また、冬場の風邪の引きやすいシーズンになってくると、
細菌への抵抗力を高めるためにビタミンCを
積極的に摂り入れるのも大切になっていますよね。

逆に積極的に摂りすぎても、吸収力が低下してしまい、
体内に吸収できなかった分は尿と一緒に排出されてしまいます。

20代後半から30代の女性には、1日に100mgのビタミンCが必要なので、
それを目安に摂り入れるようにしましょう!!

ビタミンE

ビタミンEには肌の血行促進の効果があります。

肌の血行が悪いと、肌細胞が活性しずらくなり、
未熟な肌細胞が肌のガサガサに繋がるなんてことも。

血行促進するには顔のマッサージも効果的ですが、
血行促進効果のある栄養を内側に摂り入れるのも効果的なので、
ビタミンEが豊富な食べ物を選ぶことも大切なんですよ。

ミネラル

ミネラルには歯や骨などを構成したり、
細胞の働きをスムーズにしたりしてくれる役割
があります。

ミネラルとはカルシウムや鉄、マンガンなどがあり、
誰しも一度は聞いたことのある栄養素ですよね?

これらのミネラルは、人間の体内では生成することができないので、
食べ物やサプリから摂る必要があるんですよ。

コラーゲン

言わずもがな、お肌を潤してくれるといえば、コラーゲンですよね。

実はコラーゲンはたんぱく質の一種

コラーゲンは一度体内に摂り入れると、
アミノ酸やペプチドなどに分解されたり、
コラーゲンとして再合成されたりします。

ですが、年齢と共にコラーゲンの再合成機能が衰えてしまうため、
再合成機能を助けてくれるビタミンCを一緒に摂ることが大切なんですよ。

 

肌が潤う食べ物とは?

肌が潤う栄養素って実に沢山ありましたね。

では、そういった栄養素を効率的に摂取できる食べ物は
どういったものがあるのでしょうか?

さっそく見ていきましょう。

サーモン

たんぱく質と言えば、肉・魚ではないでしょうか。

その中でも特にオススメなのがサーモン

サーモンには1切れ(約100g)あたり、
20gものたんぱく質が含まれているんです。

もちろんサーモン以外にも肉や魚の中では、
豚ヒレ肉や鶏むね肉、牛肉赤身などもオススメですよ。

よくテレビなどで紹介されているご長寿の方って、
毎日肉を食べています!!と言われる方がほとんどですよね。

そういう方たちって、肌質もモチッとしていませんか?

たんぱく質はコラーゲンの元となるので、
お年を召した方でも肌のツヤやハリをキープできてるんですよ。

アボカド

「女性=アボカド好き」というイメージありますよね。

でもそれくらいアボカドは肌の潤い効果だけでなく、
女性にとって嬉しい効果が沢山あるんです。

アボカドは「森のバター」と言われており、
良質な脂が含まれています。

さらに、ビタミンB6やビタミンE、カリウムなども含まれているので、
良質な脂とビタミン、ミネラルで肌への潤い成分がバッチリなんですね!!

また、食物繊維も豊富なので、腸の働きを活性化する効果や、
余分な脂肪を排出してくれる効果があったりと、
女性に嬉しい効果も盛りだくさんなんですよ。

くるみ

くるみには女性ホルモンを整えてくれたり、
肌の炎症を抑えてくれたりと嬉しい効果がたくさん。

ビタミンB1やビタミンE、マグネシウム、亜鉛など
沢山の栄養素が含まれているので、
美肌を作るサポートをしてくれるんですね!!

おやつにくるみを食べるだけで、
乾燥肌知らずになれるなら食べたくなりませんか?

目安は1日に片手でひとつかみ程度

おやつではなくても、サラダにトッピングするだけでも、
食感のアクセントにもなるのでオススメですよ。

 

まとめ

肌が潤う栄養素や食べ物って、実は沢山ありますが、
意外と意識をしないと食べない食材なのかもしれません。

乾燥肌にお悩みのアナタは、

  • たんぱく質
  • ビタミンA
  • ビタミンB6
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • ミネラル
  • コラーゲン

などの栄養素を積極的に摂れるように心がけてみましょう。

また、上でご紹介した肌が潤う食べ物の他には

  • マグロ
  • 手羽先
  • 豆乳
  • オクラ

などもオススメなので、色んな食材にチャレンジしてみてくださいね。

もちろん、水分と脂質もバランスよく摂るのも忘れずに。

外からのケアも大切ですが、
まずは内側から肌の潤いを引き出せるような土台作りをしていきましょう!!

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
anntyaman

あんちゃまん

こんにちは。働き盛りのアラサーアパレル店長です。趣味は筋トレですが、美容のことも大好きで、美容情報をかき集める毎日です!!(笑)

-スキンケア
-

Copyright© 女性のキレイを応援する美容情報サイト cocolove , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.